屋外飼育の夏越し対策

メダカが夏を越すというのは大変な事なのです!

★3つのポイント★

1.出来るだけ大きい容器に大量の水で過密にしないことです。
水温が上がるにつれメダカの必要酸素量は水温が上がるにつれ多くなり、逆に飽和溶存酸素量は水温が上がれば上がるほど少なくなります。

2.飼育容器に直射日光が当たらないように木陰を作ることで、水温上昇を防いでおります。

3.水質管理です。水質維持をする為に定期的に水換えをしましょう。

大きい容器で飼育が難しい場合には、風通しの良い木陰の場所で飼育する。または扇風機を使い水の気化を促し、水温を下げる事も有効です。
風通しの良い場所に置く事で空中の酸素を水に溶かす作用を促します。

ご不明な点が御座いましたらお電話にてお問い合わせ下さい。文章だけでは細かくお伝えし難い所もあります。